とまり木閑話

家事も仕事もテキパキと。

日本人のための最強健康食!『医者が考案した「長生き〇〇〇」』

病気にならない体を造るぞ!

f:id:tori-tomari:20210520075906j:plain
こんばんは!

今日のテーマは「健康長寿」!

巷には「健康に良い」とうたわれている食べ物がたくさんありますが、結局、何を食べていれば本当に健康で長生きできるのでしょうか…。

今日はそんな悩みにぴったりの一冊をご紹介します!

 

自律神経と腸の研究の第一人者の小林弘幸先生というお医者さんをご存じでしょうか?

著作も多数あり、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。

小林先生は長年の研究過程で、食材のもつ数多くの力に気づかされたといいます。

そして、

日本人にとってより身近な食べ物の中に、驚くべき価値を発見されたのです

それこそが、

健康長寿のスーパー食材にして、日本を代表する発酵食品

「みそ」

なのです!

 

医者が考案した「長生きみそ汁」

医者が考案した「長生きみそ汁」

  • 作者:小林弘幸
  • 発売日: 2018/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 
みなさんは、「みその医者殺し」という言葉をご存じでしょうか?

みそを食べていれば病気知らずで、お医者さんは商売あがったり! それくらい、みそは栄養価が高く、バランスも優れている最高の健康食なのです。

その理由のひとつは原料の大豆にあります。

大豆はたんぱく質やビタミン、食物繊維など豊富な栄養を備えています。

さらに大豆はみそになる過程で発酵すると、どんどん栄養価が高まります。

その結果、栄養満点のスーパーフードに進化するのです。

みそに含まれる健康成分は、代表的なものだけでも

ビタミンB1 ビタミンB2

ビタミンB6 ビタミンB12

ナイアシン 葉酸

パントテン酸 ナトリウム

カリウム カルシウム

マグネシウム 鉄

亜鉛 食物繊維

などなど。

 

それでは、

そんなお味噌の栄養を一番効果的に取ることができる方法は何でしょうか?

そう、それこそ

たった一杯で他の食材の栄養までとれてしまう「みそ汁」です!

 

一日一杯の「長生きみそ汁」生活!

f:id:tori-tomari:20210516224640j:plain
まず、みそ汁のメリットをあげてみましょう。

・一度に複数の食材をとれるので、たくさんの栄養がとれる

・かさが減るので、サラダよりも多くの野菜がとれる

・食材の栄養が汁に溶け出して逃がさない

・食材の組み合わせが自由自在で飽きにくい

などですね。

そこで、小林先生は考えました。

「いつも飲んでいるみそ汁を、長年の研究成果をもとにパワーアップさせられたら、あらゆる病気を遠ざけ、不調を改善する最強のみそ汁が作れるのではないか…」

そして艱難辛苦の試行錯誤の末、ようやくたどりついたのが、

たった一日一杯で、さまざま健康効果が獲得できる「長生きみそ汁」なのであります!

「長生きみそ汁」とは、ただでさえ栄養たっぷりのみその健康効果を、さらに高めるように工夫されたレシピなのです。

 

「長生きみそ汁」のすごい健康効果!

1.自律神経のバランスが改善

前回の記事でご紹介したとおり、自律神経のリズムを整えることは生活の基本です。自律神経のバランスが改善されると、ストレスの予防をはじめ、さまざまな体の不調を遠ざけることができます。

2・腸内環境が整う

腸のコンディションが整うと、ストレス、不眠、肌荒れ、冷え性、花粉症、大腸ガンのリスクの軽減、便秘の予防・改善、などにつながります。

3.血液がサラサラに!

血管が強くなり血液がサラサラになれば、脳梗塞、心筋梗塞、不整脈、動脈硬化などの予防・改善が期待できます。

4.慢性疲労の改善

「長生きみそ汁」には高い疲労回復効果もあります。慢性疲労を改善することができれば、思考力・集中力の低下、免疫力の低下なども改善されていきます。

5.生活習慣病が改善

抗酸化力を高め、糖尿病・脂質異常症・ホルモンバランスの乱れなど、生活習慣に起因する数々の症状を予防する効果が期待できます。

6.老化のスピードを抑える

「長生きみそ汁」の素材にたっぷり含まれる抗酸化力には、老化のスピードを穏やかにする効果があります。

7.メンタルが強くなる!

みそに含まれる必須アミノ酸やビタミン群は、「幸せホルモン」とよばれるセロトニンの分泌を促してくれます。

 

いかがでしょうか?

このように、

「長生きみそ汁」には数々の素晴らしい効能があるわけです。

しかも、

その作り方はとっても簡単です。

 

まず、「長生きみそ汁」の素となる「長生きみそ玉」を作ります。これはたったの3ステップでできあがります。

「長生きみそ玉」をつくりおきしておけば、それをお湯に溶かすだけで、すぐに「長生きみそ汁」の完成です!

この「長生きみそ汁」に、とりたい栄養素を含んだ食材を組み合わせていけば、可能性は無限大なのです!

『医者が考案した「長生きみそ汁」』には、42種類ものアレンジみそ汁レシピが掲載されていますから、毎日食べたって飽きる心配はありません!

栄養をしっかりとれて、しかも毎日食べても飽きのこない「長生きみそ汁」は、まさに最高の健康食です!

さらに、「長生きみそ玉」はみそ汁だけでなく、おかずの調味料として使うこともできます。

第4章では、いつものおかずがパワーアップする「長生きおかず」レシピの数々も紹介されていますよ。


健康には、味噌、ミソ、みそ!

f:id:tori-tomari:20210516125945j:plain
「長生きみそ汁」には以下のような、心身の疲労をやわらげてくれる成分がたくさん入っています。

GABA (ストレスを軽減)

アルギニン (疲労回復、免疫力を高める)

ビタミンB12 (神経の疲労回復を促進)

クエン酸 (疲労の原因である乳酸の生成を抑制)

さらに作り置きできて超簡単に作れるので、疲れ切って料理をする気力もない…という場合でも、ササっと作って食べてしまえます。

 

「長生きみそ汁」には、善玉菌を増やし、腸内環境のバランスを理想的に保ってくれる健康成分、つまり、乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維もたくさん入っています。

悪玉菌が増えるのを防ぎ、善玉菌を増やし、腸内フローラのバランスを整えてくれる健康成分を、一気にとれてしまうのです。

腸内環境を整え、抗酸化力も強力な「長生きみそ汁」は、ガンにとって大敵の料理なのです。

「長生きみそ玉」に含まれる素材は、お互いの弱点を補強しあい、いつものみそ汁ではとれていない可能性のある成分ももらさず摂取できます。

そこにプラスして、野菜を加えていけばいくほど、効果が何倍にも高まっていきます。

まさに、

たった1杯で、本当にたくさんの栄養を一気にとれてしまう、最高で最強な健康食といえるのです!

 

みなさんも「長生きみそ汁」を飲んで、心とからだのバランスを正しく保ち、健康長寿を目指しましょう!

 

医者が考案した「長生きみそ汁」

医者が考案した「長生きみそ汁」

  • 作者:小林弘幸
  • 発売日: 2018/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)